Atelier Aquarius

*** たんばささやまにて、新たな生活を始めました ***

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2011.09.18 Sunday

Shampoo Bar

久々にシャンプーバーの仕込み。
500gバッチだと持たないので、1kgにしようと思ったら、元のレシピが700gバッチだった。
半端にあまったオイルを全部消費したくて、結局は1.2kgバッチになった。

Camellia Oil 270g
Sweet Almond Oil 155g
Olive Oil 285g
Castor Oil 80g
Palm Oil 200g
Coconuts Oil 200g
Bee's Wax 5g

Water 360g
NaOH 160g

Egg Yellow x 2
Silk Powder 10g
Kukui Nuts Oil 1TSP
Lavender ess.Oil 

いつもより若干ソフトオイル多めかな?
牛乳パック2本分+ローズの大きめモールド3個分完成。
しっかりジェル化、さすが真夏日(笑)
解禁は10月15日の予定。


2010.06.10 Thursday

ヘナに思う植物染めの基本

久しぶりに石けん2種(いつもの定番)を仕込み、ついでに前回から1ヶ月ほどたったのでヘナで白髪染め。
石けんは余力があったらもう2つくらい仕込みたいので、まとめて後日にするとして。

ヘナの準備をしながら、思ったこと。

私がヘナで髪を染めるようになったのはNYにいた頃。
当然、植物染めなんてたいして知らなかった。
ただ、ケミカルな髪染めよりも健康的な気がしただけ。

サイトを調べまくって、鉄の鍋で溶くといいとか、コーヒーや紅茶で溶くといい、などと知った。
ついでに卵黄入れたり、ユーカリの精油、胡麻油少々…etc

ヘナ歴も10年近くなり、ほぼ無意識にやってるこの行動。
実は植物染めの基本にとてもかなっているなぁ!と実感する今日この頃。

ヘナ本来の色は明るい赤〜オレンジ色。もちろん、繊維も染まる。
染めに使ったタオルやら、服についてもなかなか落ちない。
髪はたんぱく質なので、基本的に絹と同じように考える。
コーヒーや紅茶というのはタンニンを含んでいる。
このタンニンに、鍋の鉄が反応して黒っぽい発色を助けるわけだ。
当然、タンニンと鉄分によって髪の表面は傷む。
そしてその傷みを補うように、卵黄のレシチンやら、胡麻油やら配合するわけだね。
ちなみに、たまに美容院でヘナ染めをすると、純粋にヘナだけなのでサラサラになる。

今はいろんな商品が出てるようで、染め色を暗く見せるためにインディゴ配合、とかもあり。
ある程度は効果があるみたいだけど、基本インディゴ(インド藍)の粉末を水で溶いて髪につけただけでは染まらない。
ヘナによって髪がコーティングされたようになって、その部分に色が乗るのだそう。(詳細は不明だけど)
確かに、藍はたんぱく質も染めるけど、羊毛なんかはあまりうまく染まらないし、そもそも藍は建てなきゃ染まらないのだ。
建てる=アルカリ性の染め液になるので、髪につけたりした日には大変なことになる。

一度だけ、ヘナ+インディゴの重ね染めをやったことがあるけど、手間のわりに色が気に入らなくてそれっきり。
私はヘナの赤オレンジメッシュが大好きなの〜〜♪♪

なんて事を考えているうちに、ヘナ後のインディゴって藍の生葉でも染まるのかな??
なんて思ったり。あはは。今度実験してみるか。



2010.05.17 Monday

ヘルニア精油効果

発症以来、ほぼ順調に痛みも取れ、そろそろ落ちた筋肉を取り戻すための運動、、、と思っていた矢先。
昨日の夜、左腰に結構な鋭さの痛みがピリリと数回走った。

アイタタタ、、、!

病院で相談すると、下肢に痛みが出ていないので、神経系ではなさそう。
痛みは減ったとは言え、やはりかばって歩いてしまうのか。

とにかく、痛いのはツライ。

ということで、以前から考えていたアロマテラピーの精油をブレンドして使ってみることに。

試しに使ったのは、ハワイでゲットしたククイナッツオイル

 レモングラス
 ラベンダー
 ローズマリー

の香りがついているもの。

これに、和田文緒さんのアロマテラピーの教科書を参考に、今回はマジョラムを1滴ブレンド。

アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!
アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!
和田 文緒

続きを読む >>
2009.02.17 Tuesday

石けん覚書

すっごい久しぶりに石けん仕込み。

ずっと前から妹に、石けん在庫が少ない〜〜と催促されていた。
なかなか材料も時間も揃わなくて重い腰が上らなかったところに、まったくない!と泣きが入った。

仕方ないのであるものでなんとかしてみようーー。

シャンプー用が必要なのは実は私も同じなので、タマゴシルクのシンプルなヤツ。

椿オイル、残り少ないところなんとか75g確保。
ココナツオイルも危なそう、、、なんとか100gあった。
パームオイル、、、はまだあるけど、なかなか溶けない。冬はめんどう。100g使用。
スウィートアーモンドオイル、、、コレはLAで小瓶を買ってきたので、75g使用。
オリーヴオイルだけは料理用にもオーガニックを常備してるので100g使用。
あとはキャスターオイルを50gほど。
あ〜〜シマッタ、苛性ソーダが足りないかも!?
かろうじて66gあった。ホッ!でも精製水がなかった。水道水で水増しして170g(笑)

コレが私のシャンプー石けんのベーシック。

オプションは繭玉2ヶ(細かく切って苛性ソーダ液に溶かす)と卵黄1個分(薄膜を取ってオイルに混ぜておく)。

タマゴもシルクも入ってるのでトレースは早い。
仕上げにパルマローザとローズウッドをほんのちょっぴり。
熟成する間に飛んじゃうくらいの微香にする。
香りナシでもよかったんだけど、なんとなく。

見た目には凝ってないので写真はナシ。
あとはじっくりゆっくり、良い石けんになってちょーだい♪


2008.11.28 Friday

手荒れ対策

寒くなって乾燥が気になる季節。
水が冷たくなってきて、お湯で洗い物をするせいもあり、精錬やら藍染め続きで灰汁にさわる回数が多いのもあり。
気がつけば手がガサガサ。冬だな〜〜と思う。

昔NYで陶芸に通っていた頃も冬で、あまりに手が荒れるので、アルガンクリームを作ったなぁ。
ナイアードの真似っこして、ビーズワックスとアルガンオイルオンリーのレシピ。
しかし結論から言うと、アルガンオイルのニオイにやられた(笑)

そして今回手にしたものは??

続きを読む >>
2007.12.03 Monday

たまごとシルクのシャンプーバー

帰国後初バッチ♪

やっと仕込んだ新しい石けん。

あまりオイルを買っていないので、かなりシンプルなレシピ。

続きを読む >>
2007.07.19 Thursday

うまひまごま石けん

久々に石けん関係。

NYで過剰在庫消費週間に仕込んだ2種類(それしかできなかったんだけど)
のうちのひとつ、うまひまごま石けん。
実家に置いていたので、ずっとブロックのまま使っていなかったのが昨日届いた。
せっかくなのでカットして、はじっこをお試し。もちろん、シャンプーで。


続きを読む >>
2007.05.11 Friday

在庫一掃石けん

この忙しいのに、なぜか石けんを仕込む。
というのも、やはりキーワードは『過剰在庫』
とにかく、材料がいっぱいありすぎるのであーる。

まず第一弾 無駄に贅沢な石けん(1kgバッチ)

 スウィートアーモンドオイル・アボカドオイル・マカダミアナッツオイル
 ヘンプシードオイル・オリーブオイル
 ババスオイル・シアバター・キャスターオイル

そして某サイトにてちらりとみかけたアイディアぱくりの うまひまごま

 馬油・ひまし油・ごま油・ココナツ油・アーモンド油


続きを読む >>
2007.03.21 Wednesday

シニアプロジェクト

旅行前のバタバタした日々。なんと日本から出発予定の叔母(母の妹)パスポート切れのため出発不能。
なんてこと〜〜〜!!従妹は来るらしいが、まったくもっていかんともしがたいドジ(苦笑)

そんな中、今年5月に大学卒業を控えたマブダチKちゃんが、シニアプロジェクトのためにやって来た。
目的は、石けん作り。なぜ石けん作りがシニアプロジェクトなのかと言うと??

続きを読む >>
2007.02.02 Friday

SPA気分

最近、なーんにもしていないなぁ…と、バスルームの鏡を見てふと思った。
もともと、ハンドメイドの石けんで顔を洗う以外はそんなに手をかけていなかったんだけど。あまりにも何もしないのもなぁ、と思って久々に石けん材料の箱をがさごそ。多分(いや、確実に・笑)消費期限の切れているであろうデッドシークレイを見つけたので、お風呂でクレイパックをしてみた。

続きを読む >>

▲top