Atelier Aquarius

*** たんばささやまにて、新たな生活を始めました ***

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2009.04.24 Friday

2009 Zermatt Ski

本日写真館。2009ツェルマットスキーの様子です。

2009zer21

2009zer20

2009zer19

2009zer16

2009zer15

続きを読む >>
23:41 | Zermatt | comments(4) | - | - | - |
2008.02.29 Friday

Ski番外編 −旅で見つけたイロイロ−

今回のツェルマット旅行で見かけたいろんなものをご紹介。

マッターホルンのペンダントヘッド

チェルビニアのジュエリーストアのショウウィンドウにて。
自分用のおみやげにも可愛いよね♪
(妹が買いたがったけど、昼休みでお店クローズ…残念!)

続きを読む >>
21:47 | Zermatt | comments(2) | - | - | - |
2008.02.28 Thursday

Valtournenche

ツェルマットでの最後の2日間は、イタリア側バルトルナンシュへ。
適度に斜度があり、ゲレンデもすいていて貸切状態♪
途中のツアーも楽しいし、何しろイタリア側のゴハンが美味しい。

滑る気満々!きてぃ。ファミリー

ほんっとうに貸切!誰もいないゲレンデ

続きを読む >>
07:21 | Zermatt | comments(0) | - | - | - |
2008.02.26 Tuesday

Breuil-Cervinia

今日はイタリア側、チェルビニアへ足を伸ばす。
パスポート持って、町歩き用の靴持って、まずは昨日と同じ3883mまで。
スキーでずっとイタリア側へ下りていく。

イタリアはこちら〜〜

パスポートコントロールのあるあたりでパチリ。
ちなみにこの辺にエアツェルマットのヘリポートがある。

どんどん下っていったら、予定と違い町外れに着いてしまった。町まで歩けないことはないけれど、その辺にスキーとブーツを放っておくのもイタリアだけに心配。結局、一度ゴンドラに乗って上ってみることに。乗っていったら、見覚えのある(スキーロッカーのある)場所に着いた。ホッ!スキーは鍵のかかるスキー立てひとつ5ユーロ(高!!)ブーツのロッカーは階下のトイレの並びでこちらもひとつ5ユーロ。ロッカーはブーツ2人分入る。しめて30ユーロ!ちなみに場所はPlan Maisonだと思われ。構内のスポーツ店でお金を払い、専用コインを受け取る仕組み。ただし、コインの間違い&故障が多いのでご注意あれ。

続きを読む >>
22:51 | Zermatt | comments(0) | - | - | - |
2008.02.25 Monday

Matterhorn Glacier Paradise

連日ピーカンのマッターホルン

2日目も当然のごとく、晴れ!(笑)
今日は最高峰の3883mまで。スイス側をメインに滑る。
高度にさほど強くないきてぃ。ファミリーなので、グリコラミンは必携。
Furi(2432m)での乗り換えは軽く過ぎ、次のTrockener Steg(2939m)でトイレ休憩。
混んだロープウェイをひとつはずして、次を待つ。

ロープウェイを待つきてぃ。ファミリー

続きを読む >>
22:33 | Zermatt | comments(2) | - | - | - |
2008.02.24 Sunday

Gornergrat & Rothorn Paradise

今年の2月、ツェルマットは晴れ続き。
チューリヒの気温は10℃を超し(パリも暖かかった〜!)暖冬の色濃し。

今朝はアクティブマウンテンのスタッフ、岩井さんにレンタルスキーのアシストをしてもらう。(アシストは有料:50CHF)
8時に駅前のBayardで待ち合わせ。個人でも借りられるのだけれど、ツアー会社の人にアシストしてもらうとレンタル料金が安くなるのと保険代がかからないので、3人のスキー板を借りる場合有料でもアシストを頼んだ方がトータルで安くなるのでお願いしてみた。ブーツは自前なので、10分ほどで手続きも完了。8時24分のゴルナグラード行登山列車に乗る。到着翌日ということもあり、高度に慣れるためもあり。

マッターホルン

まぶしい朝陽の下で

去年は初日から結構な雪で、マッターホルンとご対面したのは3日目だったっけ?
今年はしょっぱなから、きらきらの絶景をいたるところで見せてくれた。
当然、お天気良ければ雪悪し。雪質には恵まれなかったけれど。

続きを読む >>
20:45 | Zermatt | comments(0) | - | - | - |
2008.02.23 Saturday

Go Go Swiss

前日の食べ疲れをひきずったまま、シャルルドゴール空港へ。
私はエールフランス便でチューリヒへ向かい、日本から直行便で来る家族と合流する。

3時間半近くも早く空港についたので、早めにチェックインしてスーツケースを預けようと思い、カウンターへ。
チケットとパスポートを出すと(イマドキなのに今回ペーパーチケットだった)カウンターのお姉さんが隣の男性スタッフと早口のフランス語でしゃべりまくる。わけがわからずぽかんとしていると『この便は満席なの。次のフライトは5時』と言われ、唖然。チューリヒで家族と待ち合わせなので乗れないと困る!!と英語でがんがん言う。するとお姉さん『チョット待って!今1席だけ出たわ!』と奮闘してくれた。席は3人がけの真ん中だったけど、乗れないよりはマシ。それにしても予約は入っているのに、シートアサインが取れていないと何かと問題あるなぁ。米系エアラインの場合、当日空港コントロールの席があるんだけど。AFはあんまり使わないし欧州内路線ってのも慣れないとよくわからない。

続きを読む >>
21:39 | Zermatt | comments(5) | - | - | - |
2007.03.28 Wednesday

国境を越えて Part供.丱襯肇襯淵鵐轡

昨日からの晴天は続き、今日も8時半にロープウェイ駅集合。
クレインマッターホルンから、今日はさらにイタリア側、バルトルナンシュへ。

分岐点を左へ行きます 誰もいない貸切ゲレンデ!

昨日の午前中は真っ白だったイタリア側山頂付近も今日はクリア!昨日と同じ道をさらに、分岐して左へと進む。すごいでしょ〜!降ったばかりのパウダースノー。標高も高いので、気温が低く、雪質も最高♪隊長も満面の笑顔で『雪、良いですね〜〜』とひとこと。それがまた本当にうれしそうなので、みんなが笑顔になる。
ちなみに昨日隊長が落ちたところは、しっかり跡が残っていた。(笑)証拠写真を撮ろうかと思ったけどやめておいた。

バルトルナンシュへの道

続きを読む >>
19:43 | Zermatt | comments(0) | - | - | - |
2007.03.27 Tuesday

国境を越えて Part汽船Д襯咼縫

今日も来ましたクレインマッターホルン

本日は晴天なり♪8時半にロープウェイ駅で集合し、運行状況を確認すると、見事にオールグリーン!全部動いてます。ということで、今日こそ、国境を越えてイタリア側のチェルビニアへ。まずは昨日の通り、頂上のクレインマッターホルンへ。そこからイタリア側へと滑り降りて行く。山頂はご覧の通り。

続きを読む >>
18:14 | Zermatt | comments(0) | - | - | - |
2007.03.26 Monday

クレインマッターホルン

ゲレンデからツェルマットの街を望む

2日目はいざ、イタリア側のチェルビニアへ。

循環バスに乗って、ロープウェイ乗り場へ。フーリからトロッケナーシュタッグ、クレインマッターホルンとロープウェイを乗り継ぐ。今日の最大の難関は高度。昨日行ったゴルナグラートは3000mちょっと。今日のクレインマッターホルンは約3900mにもなる。前回、父は酸素ボンベのお世話になったらしい。多分、気圧の変化に弱い血筋を私もしっかり受け継いでいる。約3000mのトロッケナーシュタッグに着いた所でトイレ休憩。高度に慣れるためでもある。



続きを読む >>
22:59 | Zermatt | comments(6) | - | - | - |

▲top