Atelier Aquarius

*** たんばささやまにて、新たな生活を始めました ***

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2013.10.19 Saturday

遅れ子さんの晩秋繭座繰り

2kgの正繭を引き終え、今日は遅れ子さんの繭と夏の繭を座繰りしました。


ちびっこさんの繭です。かわいらしいですねー。
煮繭も短めに、ささっとして、できるだけ凹まないように気を付けましたが。
結構つぶれました。おそらく繊度も細いので、18粒付で引きました。
糸長も短く、粒付が多いので右手はずっと動いている感じです。
でも繊細で、いい感じの糸に成りました。

そして、夏の繭も冷凍していたのを引きました。
夏の繭は遅れ子さんとは対照的に、大粒でしっかり。
繊度もありそうなので、14粒付で引きました。
これくらいで、仕上がりが揃ってくると予想していますが、さていかに?

かせ揚げ後、乾燥して計量しないと結果はわかりません。
乞うご期待♪といったところです。

これで今年の繭の繰りは終了。

2013.10.14 Monday

座繰り 動画


初動画UPどうやら成功!?

今日は見学の方が見えたので、お願いして動画を撮影していただきました。
少々音がうるさいですが、古い座繰りを使っているので、歯車の音なのです。
座繰りのハンドルを回す速度が音でわかるので、あえて消しませんでした。

薄く透き通って中に蛹が見えるようになったら、取り除いて新しい繭を追加します。
時々指で繭をはじくような動作をしている時は、繭の数を数えています。
もしくは薄くなって次に取り除く繭を外側にはじき出している時もあります。

ご質問があればお気軽にコメントくださいね。

2013.10.12 Saturday

2013 晩秋繭 座繰り 

今日から座繰りを始めました。

家は狭くて作業は大変なので、広いウッドデッキで。
屋根が透明のトタンなので、陽が当たることが最大のネックですが。
洗濯物を干したりして、日陰を作りながらやってみました。



何しろ狭いので、お道具は最小限。
キッチンもミニなので、煮繭もカセットコンロです。
鍋は染め用の小さめの寸胴を、揚げ返しと一緒に送ったのでそれを利用。
ケンネルと弓は、福住にいた時に作っていたので、それを使います。
座繰りの台にしているのは、お部屋に備え付けのカウンターテーブル用ベンチ。
小さめの折りたたみ椅子も東京で使っていたのを送りました。

何しろ煮繭用の鍋が大きくて、お湯が沸くまでが大変。
湯沸かし器で70℃まで取れるのが不幸中の幸いですが、鍋が大きすぎてキッチンでは無理。
ユニットバスの湯船の中に鍋を置いてお湯を汲みました(笑)
長めのホースを買って、ユニットバスの蛇口からお湯を入れるのがよさそうです。

今日はお試しで、いろいろと試行錯誤しながらの作業。とにかく時間がかかりました。
どの作業はどこでどうすれば便利かを考えながら、作業動線を決めて行きます。
お天気が良かったので、デッキで煮繭もしたかったのですが、風が強くて断念。
揚げ返しも室内に移動して行いました。

さてさて、晩秋の繭。きれいです。繊度も細めな感じです。
検尺器もないので、正確な繊度は測れませんが、揚げ返した糸が乾いたら計算してみます。
0.01gまでの測りをゲットしてあるのです!

それにしても、晩秋繭はやはり虫との闘いです。
それと見えなくても、何度索著しても落ちる繭が多いのです。
初回で煮繭具合が固かったせいもありますが、、、
見た目はきれいなので、粒真綿にしてもよさそうです。

3連休は座繰り三昧。作業が軌道に乗れば、東京にあるデッドストックの繭も糸にしておきたいな。
そして原っぱはセイタカアワダチソウが満開!雑草と言うことなかれ、よい染料なのだそうです。
咲いている間に、アルカリ抽出の緑染めのテストをやってみたいな。
もちろん、アルミ+鉄媒染のカーキグリーンも。


2013.10.11 Friday

座繰り開始!

しばらくご無沙汰してしまいました。
帰省やNYからの客人に時間を取られ、遅くなりましたがいよいよ座繰りします。

晩秋の繭2kgと、その他諸々を3連休中に引く予定です。
とりあえずの道具を確認して、大雨の本日は終了。
明日から晴れそうなので、デッキで作業します。

関西圏の方で見たい方、もしいらしたらお知らせください。
様子はまたupしますので、お楽しみに!


2013.09.18 Wednesday

秋のかいこ 2013 上簇その後

上簇から4日が経過し、レギュラーの皆さんは、大方営繭(繭を作ること)を終えました。


現在の状況は上のような感じです。
24日に出荷の予定ですので、もう少しこのままで、収繭を待ちます。

私の遅れ子さんたちも、回転簇をひとつ作ってもらって、随時営繭中。



段ボールの中にも。



残りっ子はあとこれだけ。まだちびさんもいます。
小さくてもそれなりに繭を作ることを、前回の飼育で知ったので、とりあえず食べてもらってます。



第一号で繭になった、東京に行った遅れ子さん。
まだほのかに湿っていてあたたかく、いのちの鼓動を感じます。
きらきら光る毛羽に、いつも感動。収繭が待ち遠しいです。

2013.09.14 Saturday

秋のかいこ 2013 上簇

5令になってからの残暑がプラスに動いたようで、おかいこの成長が加速しました。
折から関東に接近中の台風の影響で、本来の上簇予定日の明日は雨の様子。
ちょっと早めに今日の夕方、上簇の作業をしました。


網掛けは朝一番。
網の升目は2~3cmですので、大きさわかるでしょうか。
まだあと半日食べてもらいます。


右は熟蚕。左はまだ食べている蚕です。
縮みっぷりと透けっぷりがわかりますか??

朝から桑を切らさないように与え続け、上簇は3時半から。
少々若い上簇でしたので、マブシを吊るのは明日の昼頃の予定です。

おまけのクワコさんです。
逃げ回ると思っていたら、繭をする場所を探していたみたい。


2013.09.12 Thursday

秋のかいこ 2013 5令5日目

今日は、タブレットで途中まで書いた記事を2回も消す、という惨事に見舞われ、この時間です。
朝から桑取りを少しお手伝いし、汗だくになりました。

おかいこたち、ガンガン食べて食べまくっています。



だいぶ福々としてきたでしょうか。


大きさはこんな感じ。ちなみに10頭で40g。
夏の時は、上蔟時で56gほどもあったので、まだまだこれから3割増しで食べる?



そして究極の対決(笑)
進んでしまった遅れ子と、本当に遅い遅れ子さん。あれあれまぁまぁ!という感じですね。



ちなみに、朝クワコさんを探したら、いなくなっていました。それをこんなところで発見!
隔離されてある、半日遅れチームの桑にまぎれていました。
クワコさんは逃げ足が早いのです。あっという間に1mくらい移動します。
ここなら天敵はいないよ、と教えてあげたいけど、人の気配で食べるのもやめるくらい。
はたして繭が見られるでしょうか。

2013.09.11 Wednesday

秋のかいこ 2013 5令4日目

晩秋蚕も追い込みの時期に入ってきました。
雨が止んで、少し暑さも戻っています。

桑の食べっぷりがあまり良くなかったおかいこたちも、ようやく勢いが出てきました。
追い越した遅れっ子さんたちに追い付く感じです。


この時期になると、葉脈までガンガン食べます。

そして、今日のお父さんのおみやげ(笑)
かなり成長したクワコさんです。


家蚕よりも色が濃く、頭部が大きいですね。
そしてよく動きます。あっという間にどっかに行っちゃう。
もっと小さい時期に数匹見つけたけど、みんないなくなりました。
今回は繭が見られるかなぁ?


2013.09.10 Tuesday

秋のかいこ 2013 5令

晩秋蚕の飼育に引っ越しとスピニングパーティが重なり、どうにもこうにもまとまりがつかないまま
今日で5令も3日めに入ってしまいました。

カメラと携帯のSDカードリーダーが行方不明で、過去記事がupできずにいます。
これではまずいので、とりあえず。


スピニングパーティでは齋藤機料さんにこっそりかいこを置かせていただいていました。
お持ち帰りいただいたコたちは、大きくなっているかな?
私が連れていった遅れっ子が一番左。真ん中が現在の丹波標準サイズ。
右は遅れっ子の一番小さいサイズです。親亀子亀ほどの差ですね(笑)

大雨続きの丹波で、気温が低かったのもあり、上簇も1日遅れるかもしれません。



2013.09.02 Monday

秋のかいこ 2013 3眠

今日の丹波はものすごい豪雨でした。
道路も畑も田んぼも水浸し。車の運転もこわかったです。

昨夜遅くに眠に入ったおかいこたち。



今朝、石灰を振りました。そして蚕座を飼育台に移動。
網を張る作業などを行いました。



ついでに久々の遅れっ子チーム。



今回、初めてクワコの小さいのを見つけました♪
次回写真UPしますね。

今日は雨で気温も低く、私は新居の水道&電気開通のため、篠山へ。
ちょうど眠に入って、まだ起きる気配なく、桑付けは明日の朝の予定です。


▲top