Atelier Aquarius

*** たんばささやまにて、新たな生活を始めました ***

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< Big News from The Yarn Tree | TOP | 10年の月日を想う >>

2011.08.21 Sunday

朱花の月トークイベント

映画『朱花(はねづ)の月』のスペシャルトークイベントに行ってきた。
有料イベントだったけど、招待券をいただいたので。

監督の河瀬直美さんと、ゲストに染色家の吉岡幸雄先生、それに役者の樹木希林さん。
会場にはロンドンで展示したと言うよしおかで染めた茜と紅花の生地。素敵でした。

朱花(はねづ)という色について語る、、、というイベントでしたが、時間の半分は
撮影の裏話やエピソードで、吉岡先生、女性陣に押されまくりでたじたじ(笑)
でもなかなかおもしろくて、映画はほとんど見ない私も興味を持った。


 ちなみに、朱花(はねづ)とは、紅花+くちなしで染めた色のこと。
映画の主人公は、この色に惹かれて染め続ける染色家という設定。
私も朱花色は染めたことがあるけれど、まず紅花を濃く染めるのが大変なので、
作品に仕上げたことはなくて、試し染めした糸が少しだけ手元にある。
同じ赤でも、茜はオレンジっぽいサーモンピンク系の色から濃くなっていくのに対し、
紅花の場合は、青味のピンクから濃くなってゆく感じ(注:個人的な感覚です)
基本青色人間の私としては、メインカラーに使ったことはない。
映画の中で、この色がどんな風に生きているのか、ちょっと見てみたいなと思った。

もうひとつ、気になるのは奈良という場所。
日本の原風景、みたいなキャッチフレーズにちょっと惹かれる。

そして、河瀬監督のキャラ、なかなか味があるな〜〜と思った。
なんと言うか、その、ものづくりの姿勢というか。とても魅力的な女性。

正直、映像系は苦手なので、原作を読むところから入ってみようかと思って調べた。
そしたらなんと、某新聞のコラムでちょっとした話題になった人だったことが判明。
ちょっといやだなぁ、、、と思ったので、原作はやめにした。
映画を見るんじゃなくて河瀬さんの作品を見る、ということにしてみようと思う。
10:22 | Event etc | comments(0) | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top