Atelier Aquarius

*** たんばささやまにて、新たな生活を始めました ***

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 2013 晩秋繭 座繰り  | TOP | 丹波栗の渋皮煮 >>

2013.10.14 Monday

座繰り 動画


初動画UPどうやら成功!?

今日は見学の方が見えたので、お願いして動画を撮影していただきました。
少々音がうるさいですが、古い座繰りを使っているので、歯車の音なのです。
座繰りのハンドルを回す速度が音でわかるので、あえて消しませんでした。

薄く透き通って中に蛹が見えるようになったら、取り除いて新しい繭を追加します。
時々指で繭をはじくような動作をしている時は、繭の数を数えています。
もしくは薄くなって次に取り除く繭を外側にはじき出している時もあります。

ご質問があればお気軽にコメントくださいね。

コメント

動画ありがとうございます。手の動きがよくわかりました。
いつか、映画のあぁ野村峠で見たことがあるぐらいでほとんど初めての作業にくぎ付け。
すっかり慣れた手つきに感動しました。
繭玉から糸を引くのは何個分いっぺんに引くのでしょうか?
暇なときに何日後でもいいので教えてください。
まずは、本当にお疲れ様です。ゆっくりしてください。

2013/10/15 5:25 PM by Jun
Junさん

今回は16粒(りゅう)で引いています。
作りたい糸の太さ(細さ?)によって、粒数で調整します。
この繭は少し繊度が細く、16粒で約42d(デニール)になりました。
細繊度の繭の糸は繊細で大好きです♪
まだ雨で糸が乾いていないので、また写真UPしますね。
2013/10/15 7:33 PM by きてぃ。

コメントする









▲top