Atelier Aquarius

*** たんばささやまにて、新たな生活を始めました ***

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 丹波栗の渋皮煮 | TOP | Al Ragu パン教室 >>

2013.10.19 Saturday

遅れ子さんの晩秋繭座繰り

2kgの正繭を引き終え、今日は遅れ子さんの繭と夏の繭を座繰りしました。


ちびっこさんの繭です。かわいらしいですねー。
煮繭も短めに、ささっとして、できるだけ凹まないように気を付けましたが。
結構つぶれました。おそらく繊度も細いので、18粒付で引きました。
糸長も短く、粒付が多いので右手はずっと動いている感じです。
でも繊細で、いい感じの糸に成りました。

そして、夏の繭も冷凍していたのを引きました。
夏の繭は遅れ子さんとは対照的に、大粒でしっかり。
繊度もありそうなので、14粒付で引きました。
これくらいで、仕上がりが揃ってくると予想していますが、さていかに?

かせ揚げ後、乾燥して計量しないと結果はわかりません。
乞うご期待♪といったところです。

これで今年の繭の繰りは終了。

コメント

コメントする









▲top