Atelier Aquarius

*** たんばささやまにて、新たな生活を始めました ***

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 春のかいこ2014ー上蔟その後ー | TOP | 春のかいこ2014ー収繭ー >>

2014.06.13 Friday

春のかいこ2014ー番外編ー30分間の悪夢

昨日の夕方、雹が降りました。

かいこのことがあるので天気予報はこまめにチェックしています。
でも、昨日の雹までは予測不能でした。

私はちょうど、帰宅途中で、峠の山道にさしかかったところでした。
カーブ抜けるところで突然、バラバラバラっという轟音が。
激しい雨で前が見えにくくなっていて、一瞬土砂崩れの落石!?
と思ってよく見ると、白い塊が無数に見えました。

雹!!

マジで車に穴が開くか、フロントガラスが割れるかと思いました。

カーブの連続、しかも対向車が来ているので停まるわけにはいきません。
ゆっくりゆっくり、ドキドキしながら走って、峠を抜けたところで停車。
農協の作業場のような建物があって、そこに車を寄せて止まりました。
すると、、、こんな時に限って、助手席が半ドア(泣)
速攻で助手席がびしょ濡れ(苦笑)
建物の雨どいの真下でした。

数分で激しさは落ち着いたので、その後走りましたが、lineで養蚕農家のお父さんに
連絡すると、そちらの周辺も雹がひどく、桑の葉がボロボロで、夏の飼育ができないと。

その時に送ってもらった画像がこちらです。

     

ちょうど、夏のかいこの蚕種の出庫日でした。
お父さんはすぐに蚕種会社に連絡して、夏の出庫をストップしてもらえたそうです。

私はショックでしたが、お父さんが決めることですから仕方ありません。

そして今日、朝、桑畑を見て、茫然。


ああ、こんな桑では、無理。

ほんの30分かそこらの雹が、周辺地区の農作物すべてを根こそぎ、やっつけて行きました。

今日はお父さんは神戸で会議でしたので、お母さんと二人で蚕室まわりなどのを片付け、
午後から川に洗い物に行き、上蔟で使用したシートを洗いました。


川の脇に水路が切ってあって、ここ、なかなか便利でした。
かいこのおしっこが滲みたシートを流水で洗い、天日干しします。

暑かったので、水遊びみたいで気持ちよかったです。

そして、その後で桑剪定。


前日にお父さんに手順を確認しておいたので、一人でできました。
畦が緑のところが、剪定後。切った条を畦に敷いています。

まだまだ、切るところは山盛り。
起きてしまったことは仕方ないので、次の飼育に備えます。

z

20:15 | 養蚕2014春 | comments(2) | - | - | - |

コメント

こんばんわ。
今の季節に雹害だなんて信じられない。
お見舞い申し上げます。
自然相手に、人間は無力ですね。
出庫のストップが間に合ってよかったです。
被害にあった桑の剪定も身を切られる思いでしょうが、次に向かって頑張ってください。
2014/06/13 9:49 PM by ひか♪
ひか♪さん

お見舞いありがとうございます。
剪定しながら、使ってあげられなくてごめんなぁ~と思いました。
収穫と言うものは、できて当たり前ではないんだなぁとつくづく思います。
春繭に感謝して、大事によい作品にしなくては。
ひか♪さんも、これから正念場ですね。頑張ってください!
2014/06/13 11:29 PM by きてぃ。

コメントする









▲top