Atelier Aquarius

*** たんばささやまにて、新たな生活を始めました ***

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 海の幸のマスカルポーネグラタン | TOP | Over Shot >>

2007.02.18 Sunday

Woolen Yarn

NYは真冬日が続いている。バレンタインズディに降った雪はまだそこかしこに。
晴天続きのプレジデントディ・ウィークエンドは窓の外が眩しい。
不調を大義名分に、週末はヒッキー生活。気の向くままに本を読み、糸紡ぎ。

この週末で読破したのは、図書館で借りた『新リア王』上・下 高村薫
政治と仏教という私にはかなり難儀な内容だったけど、どうにか。

そして糸紡ぎ。ブルーフェイスは1ボビン分を紡ぎ終え、少しお休み。

実はバースディ前日にスピナッツが届き、自分へのプレゼントのようでうれしく、ワクワクしながら読んだ。スピンドル特集、スピンドルで紡いだ紡毛糸(Woolen Yarn)のサンプル付き。見てビックリ、こんなに撚りが甘いの!?

とにかく、今まであまり紡毛は紡いでいなかったので、練習練習。
まずはサポートスピンドルで、ゆっくりローラッグスを引き伸ばす。

練習用には、染めたロムニー。
頂きモノの栗で染めたトップはピンク系ベージュ。
自分で染めたざくろ染めのトップは薄い黄緑。

慣れてきたら、今度はウィールで、ゆっくりゆっくり踏みながら。
そんなこんなで、できた糸はコチラ。

紡毛なのさ

どちらもペールトーンのニュートラルな色なので、ナチュラルカラー5色のシェットランドトップを合わせてフェアアイルの小物を編みたいなぁと思っている。うまく色が合うかどうかわからないけど。

コメント

きてぃさんも木下さんの紡毛糸にびっくりされたんですね。私もびっくりしました。普段セミ梳毛糸ばかりを紡いでいる私なんだけれど、あれを見たら、ローラッグにして紡毛糸〜〜〜って気分になりましたよ〜。でもなかなかきれいに糸が出ないんです。スラブになったり〜。撚りを甘くしても、織り機にかけても切れないっていうのを聞くと、ますますやりたくなっちゃうんですよね。
2007/02/19 11:59 PM by tea
やっぱりやりたくなっちゃいますよね〜〜。
ローラッグスをキレイに作るのがコツみたいな気がしました。
巻きが甘いとダメですね。練習したいと思います。
2007/02/21 2:49 PM by きてぃ。
スピナッツという雑誌はまだ手にとった事がないのですがサンプルが付いてるんですか〜!? 写真よりも実物を見て触れるのが一番参考になりますよね。
私もとうとう糸車連れて帰って来ましたよ。やはり妨毛糸の方が難しく今練習中です。撚りが甘過ぎて切れてしまったり、強すぎてくるくるになってしまったりとなかなか丁度良い所を見つけるのが大変ですね。
きてぃ。さんの素敵な糸を見ながら頑張ります!
2007/02/22 10:04 AM by Lili
Liliさん、お帰りなさーい♪
とうとう紡ぎ車を連れて帰ったんですねぇ。これからやることいっぱいですね!
紡毛糸の練習がんばってくださいね〜〜。

スピナッツは、スピンハウスポンタさんで出している雑誌です。すごくおもしろいですよ。お支払いさえ日本でできれば、海外にも発送してもらえます。
2007/02/23 3:05 AM by きてぃ。

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top