Atelier Aquarius

*** たんばささやまにて、新たな生活を始めました ***

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 三寒四温 | TOP | みぞれ鍋 >>

2007.03.07 Wednesday

Over Shot その後

学校の授業は順調に進み。オリジナルパターンはピンクとブルーの2種類できた。

ピンク ブルー

そして、経糸の色を変えるTie-inへ突入。

ネイビーを入れる

Tie-inのサンプル、思っていたほどかわいくならなくて、ちょっとどうしようか検討中。幸い、私はけっこう進んでいるので、Tie-inをやり直すくらいの余裕はありそうだし。ビーズを織り込む、というアイディアもやってみたいのだけど、なにしろビーズを織り糸に通す手間が面倒〜〜!昔、職場のボスがビーズショウで買ってきた、くるくる回すと糸にビーズが通るというビーズ通しボウル、あれがあったらよかったなーと思ったりして。

リボンを使ったり、紙を細く裂いたものを使ってもいいのよ〜というエレン先生。オーガンジーのリボンでも使ってみるか、それともたくさん余ってる羊毛のトップを細く裂いて使ってもいいかな。まあ、時間はまだあるので、イロイロ考えてやってみよう。ちなみに、オーバーショットのもう少し正式な名前は、Compound Weave というらしい。

図書館でリクエストしたうち、かなり役立ちそうなのがこの本↓で、プレーンウィービングから、ツイルはもちろん、ダブル、サテン、クレープ、その他イロイロとにかく勉強になる内容満載。そして写真も多く、サンプルの説明も詳しいのだ。4枚ソウコウでも織れるサンプルパターンもたくさん。ちょっと高いけどオススメの1冊だと思う。私はせっかくなので、この本を買って帰ろうかな。今図書館でリクエストしているもう1冊と比べて決めようと思っている。

Mastering Weave Structures: Transforming Ideas into Great Cloth
Mastering Weave Structures: Transforming Ideas into Great Cloth
Sharon Alderman

この本を見て、4枚ソウコウでもワッフルが織れることがわかり、さっそく学校で織り始めるべく、整経&ソウコウ通し中。糸はショールを編むのに使っていたリネン。足りなくなるのは必須なので、買いに行かないとならないけどね。リネンのワッフルタオル、よさそうでしょ??うまく織れそうだったら、今手持ちのコットンを紡いで、続けて織りたいな。
11:34 | Handworks | comments(2) | - | - | - |

コメント

順調に進んでますね〜。オリジナルパターンのピンクとブルー、柔らかな色でどことなく和風な味わい。Tie-inは難しいですか?マスターしたら色々なバリエーションが出来そうですが、ビーズとかも入れられるんですね。
4枚ソウコウでワッフルが織れるんですね〜。そもそも私が織りを習い始めたのっていつかリネンのワッフルバスタオルを織ってみたかったからなんですけど、まだ取りかかってないです。いつか近いうちにやってみたいプロジェクトの一つです。
手持ちの手紡ぎコットンでのワッフルタオル、早く見てみたいです。
ご紹介の本、とても役立ちそうですね。クラスにこの本持っている人がいるか聞いてみよう。
2007/03/08 3:40 AM by Lili
Tie-inは難しくないですよー。必要なのは、最初にワープをカットする時の勇気だけ(笑)
経糸を結んで足してゆく方法と基本的には一緒です。必要な分だけ別の色で整経して、替えたい部分の経糸を切って結び、機の後ろ側におもりをつけてぶら下げます。水を入れたペットボトルくらいがちょうどいい重さです。多分、クラスで先生に聞いたら詳しく教えてくれると思いますよ〜〜。

そして、この本、かなりオススメです。NYは図書館に数冊あったけど、HIはどうかな?アマゾンで$26.50だったので、私は買おうと思ってます。USアマゾンだと、本の中味も一部見られますよーー。
2007/03/08 4:23 AM by きてぃ。

コメントする









▲top