Atelier Aquarius

*** たんばささやまにて、新たな生活を始めました ***

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 国境を越えて Part汽船Д襯咼縫 | TOP | 猫キティの日本への道 >>

2007.03.28 Wednesday

国境を越えて Part供.丱襯肇襯淵鵐轡

昨日からの晴天は続き、今日も8時半にロープウェイ駅集合。
クレインマッターホルンから、今日はさらにイタリア側、バルトルナンシュへ。

分岐点を左へ行きます 誰もいない貸切ゲレンデ!

昨日の午前中は真っ白だったイタリア側山頂付近も今日はクリア!昨日と同じ道をさらに、分岐して左へと進む。すごいでしょ〜!降ったばかりのパウダースノー。標高も高いので、気温が低く、雪質も最高♪隊長も満面の笑顔で『雪、良いですね〜〜』とひとこと。それがまた本当にうれしそうなので、みんなが笑顔になる。
ちなみに昨日隊長が落ちたところは、しっかり跡が残っていた。(笑)証拠写真を撮ろうかと思ったけどやめておいた。

バルトルナンシュへの道

この辺になると、先に見える集合場所をあらかじめ決めておき、ウチの父などは先に行って滑ってくるチームメンバーをビデオ撮影したりできるようになってきた。川嶋隊長、ところどころで『後から行きま〜〜す』と、オフピステ(ゲレンデ外)の新雪でチームメンバーを追い越して行く。それがまたカッコイイのだ。後で確認した情報によると、隊長はスノボの先生でもあるそうだ。途中、チェアリフトで隣り合わせた時、『今度あの辺を滑りたいんですよ〜〜』と言って、リフトから乗り出して斜面の状況を眺めていた。視線の先は…断崖絶壁!(のように素人目には見える)

隊長、10年ほど前にニューヨークに住んでいたことがあるそうで、『ニューヨークで何をされてたんですか?』と聞いてみたら、なんと高校生だったそうな。ホワイトプレーンズの全寮制の高校って、、、ああ、ソコでしたか。9・11の話やら、海外で働くことについて、などなどちょっとしたおしゃべりも楽しかった。

イタリアーンなゲレンデのレストラン お天気が良いので屋外でお茶タイム

この日はゲレンデの状態も最高で、みんなガンガン滑る。スイス側に戻ってからも然り。チームメンバーも途中で少しづつお先にと引き上げる中、我がファミリーは膝の悪い母を除く4人が最後の最後でロープウェイ1本分追加滑走。あ、あれ?このチームはゆっくり滑るチームだったような…??


19:43 | Zermatt | comments(0) | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top