Atelier Aquarius

*** たんばささやまにて、新たな生活を始めました ***

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 麻 藍 布 −三木武夫記念館にて− 続々報 | TOP | 織り再開 >>

2009.09.23 Wednesday

麻 藍 布 −三木武夫記念館にて− 糸染め

企画展に通って4日目。
あまりにも藍の調子が良いので、ついに染めさせていただく。
染めたのは、先日野村で作ったぐんま200の糸、太さ違いで3カセ。

建ってすぐの藍を徳島から運んで来られて4日目。
高かったphも綿や麻を染めたことでだいぶ落ち着き、まさに今が絹染め時。
phメーターが狂っていて正確な数値はわからないけど、おそらく理想のph10.5にかなり近いはず。

3分染め×3回 中干し その後再度 3分染め×3回 でこちらの色。

やはり綿や麻に比べ、絹は色の濃くなり方が遅め。
アルカリなので糸傷みを気にしながら、でもここまで入った♪ウレシイ♪♪

silk 002


その前の初日に建てた藍の様子もパチリ。
前日のかさ上げも済んで、もうすっかり染色可能な状態。
徳島から運んでこられた藍と遜色なく、いつでもOKな状態。
でもまだ絹を染めるにはちょっとphが高いかな。

fourthday


こちらは2日目仕込みの藍。発酵が安定したので、中石を打った状態。

ai-asa 045


そして灰汁を足してかさ上げ。こちらもあと1〜2日かな。

sukumo2-kasaage


こんなに素晴らしい状態の藍を見せていただけて、染めまでさせていただけて、本当に感謝感激!
糸染めは藍を消耗させるのに、快く染めさせてくださった阿部さんに重ねて感謝。
(藍染め体験は別料金。染める物の重さで変わる。)

こちらの企画展は27日まで。興味がある方はぜひぜひお立ち寄りを。

17:40 | Event etc | comments(4) | - | - | - |

コメント

なんとも美しい色ですね。
当たり前といえば、当たり前ですが、
服なんかは、その形になる前は布でして、その前は糸。
布より前はあまり考えることはなかったですが、
そうだったんですか。
生産過程を考えるって、大切なことだなあとふと考えました。
物を作るということは、すごい作業なんですね。
最後の過程しか知らないと、ものを大切にする気持ちも薄れてくるような。
2009/09/23 6:57 PM by お狂
お狂さん

コメントありがとうございます。藍って本当に美しいと、つくづく思います。
空と海の色、地球の、生命の象徴のような色だと思います。
『物を作る』ことそのものを、たくさんの人に伝えていきたいです。
2009/09/23 7:28 PM by きてぃ。
素敵な濃い色に染まりましたね^^
やはり本藍の発色は綺麗だと思います。

いつか自分専用の藍甕を持ちたい、という夢を持っている人は多いでしょうね。
わたしもいつかは・・・と夢見ていますが、こんなに美しく建てられるのでしょうか;;
画像だけ見てれば簡単そうなのに・・・。

ちなみに藍建てにはph計は必需品ですか・・・?
お高いので、それも気になるところです。

2009/09/24 12:50 PM by おつう
おつうさん

ありがとうございまーす。私の史上2番目に濃い藍色です♪
しかも1日しか染めてないのに。やはり勢いのある藍は違いますね。

自分の藍瓶を持つのに一番の問題は&#33925;のお値段ですねー。
1俵(出来立て56kg)11万ですって〜〜
まあでも3kgくらいで建てるなら全部合わせても1万円くらいの経費で済むそうです。
藍建て、作業自体は単純です。よい状態を維持するのが難しい。
特に灰汁発酵建ては薬品を一切使わない方法ですので大変です。
良い&#33925;と、それ以上によい灰が必要です。そしてphメーターは必需品です。
藍師の方々はそんなものに頼りませんが、私はないと絶対無理!
藍用のアルカリ試験紙も売っているようですが、私は使ったことがありません。
2009/09/24 5:52 PM by きてぃ。

コメントする









▲top