Atelier Aquarius

*** たんばささやまにて、新たな生活を始めました ***

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< なにを食べたらいいの? | TOP | サークルアイランドドライブ >>

2010.01.19 Tuesday

Quilt Show 2010 @ Tokyo Dome

今日は母と東京ドームのキルトショーへ。
チケット屋さんで安くチケットを仕入れ、朝10時のオープンに向けて出かけた。
平日というのに、10時でもすでに列は長〜く、入場時のセキュリティと回転扉に時間を取られた。

まずは入場すると、私のお目当てその1の『藍の美−Japan Blueの世界』コーナーへ。
染め師、矢野藍秀さんと無形文化財の藍師、佐藤昭人さんがおられた♪
10時半の実演前に、もうひとつ見たかった韓国のヌビを見て、藍に戻る。
矢野さんは、一般の方にもわかりやすいように言葉を選びつつ、なおかつ正確に藍の建て方を細かく解説。
藍を建てる過程の写真もとてもわかりやすい。ポイントがきちんと示されている。
石灰や酒の量、タイミング、温度管理などなど、思わすメモを取って真剣に聞き入ってしまった。

実演でハンカチをしばって染めた後で、なんと藍液を触らせてくれた。
そちらがこの写真↓

quiltshow2010ai1

画像で色や香りが正確にお伝えできないのがもどかしい。
私が今まで見せていただいたことのある中で、ピカイチに美しい藍瓶!
最高の状態の藍とはどんなものか、見せていただいた。
香りもすごく、藍らしい良い匂い。phの状態、味も確認。すばらしい。

染め分けられた絹糸たちや

quiltshow2010ai2

染めて20年経った着尺、矢野さんの奥様のものだそう。

quiltshow2010ai3

そしてミーハーなワタクシは、佐藤さんにお願いして記念撮影ひらめき

quiltshow2010ai4

その他、展示されていた熨斗目の作品、佐藤さんの所蔵だそうだけれど、すごい作品。
江戸時代の蜂須賀家のものと、徳川家のもの。コレ両方、生で目前で見られる。超感動モノ!!

もちろん、その他のキルト作品やショップの数々も楽しい。
コレらが戦利品♪

縮緬の端切れは姪っ子ちゃんのためのつるし雛用、発泡スチロールのボールは木目込用。
小さいかご2つはバリ島のアタ。これで和装用巾着を作る予定。
工房野良さんで、母君はシルクのキルトジャケットをお買い上げ。
私は持ちやすそうで自然なシェイプの木の持ち手1組。
その他、ロータリーカッターなど。

quiltshow2010

広い会場を歩き回って、本日の歩数は約8000歩。
これって1時間以上のウォーキングだし。
疲れたけど楽しかった。また行きたいな。
21:36 | Event etc | comments(0) | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top